忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

グダグダなヒトトキ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

グダグダなヒトトキ

彼女の部屋はわたしたちのたまり場です
けれど今ここに部屋主はいません
まだ帰ってきていないのです
それなのにわたしたちったら、やたらくつろいでいます

ひとしきりグダグタしたあと、最後にちょっと本でも読んでから帰ろうかと、皆それぞれに彼女の蔵書を手に取った
単行本もあったのだけど、わたしは文庫本を持ってスカートのすそを気にしながらその場に座って読み始めた
途中、どこかから虫がやってきて、右手の親指から薬指まで四本に噛み付いた
小さくて細長いその虫は、アニメチックな顔で「へへへっ」といたずらっ子のように笑っていた
指から離れる気配はない

「ふん、生意気な!」
赤、青、黄色・・・と、すべて違う色をしている変な虫たちに、「ゴレンジャーかいっ!」とかツッコミながら(古いな~(^^;)いや実際は四匹なんだけど)、わたしは立ち上がり近くの窓をあけた

そして、窓の外に伸ばした手を思いっきり振って振り落とした

一件落着、気を取り直して読んでいた本を広げると、なんと!
他人の本なのに、あちこちに赤ペンでマーキングされていたり、鉛筆でメモ書きされていたり・・・・

こ、これは、もしやわたしの仕業?

鉛筆書きなら消しゴムで消すこともできるだろうけど、赤いマジックは・・・
困ったな
仲良しだから許してもらえるかもしれないけれど・・・
困ったな

同じ本を買って返そうか・・・
見るとそれはアガサクリスティの処女作だった
文庫本とはいえ、新品で探すのは難しそうだ
古本屋で探そうかな

そのとき、部屋の入り口の引き戸の隙間から彼女(部屋主)が帰ってきたのが見えた

はたして、わたしは彼女に正直に打ち明けることができるのか!?
それとも知らん振りして本を閉じてしまうのか!?


[夢から覚めて]
虫は気持ち悪くなかったですよ。だってまるで「おしりかじり虫」だったんですもの!
友人たちとの様子は中学の頃の仲間っぽかったです
窓からの景色はそれとは関係ない少し昔の近所の風景でした
クリスティの本は、実際には全部読んでいるわけではないのだけど、タマに夢に出てくるんですよね~(もちろん「処女作」てのは夢の中だけの思い込み)

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR