忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

ゾンビちっく

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ゾンビちっく

新幹線のような静かな乗り心地の良い綺麗な列車です
でも普通の電車のような二枚扉です
大きな窓の外には緑の景色が流れていきます

ゾンビも流れていきます(!?)

窓の外側にペタっと張り付いてすぐに振り落とされたソレは、まさに映画やテレビで見るゾンビでした

穏やかな光景とは裏腹に、ここではゾンビ的な事件(詳細は不明)が勃発し、ピリピリしたムードが漂っているのです
突然一人の男が動いている列車の扉を両手で無理やり開け始めました

「あっ」
咄嗟に駆け寄りましたが、既に扉は左右一杯に開け放たれ
男はそのまま飛び降りてしまいました

わたしはこの状況を「なんとかしなければ!」と考えています

列車は扉を開け放したまま走り続けます
いや、停車して外に出ないほうが案外安全なのかもしれません
高速で動き続けていれば、いくらゾンビとはいえ飛び乗ることはまずできないでしょうから

どうやら車内にソレらしい人はいないようだし・・・

と思っていたら、扉の近くに倒れていた女性が「キャッ」と声を上げると同時に、目の前に立っていた男性を赤いヒールを履いた足で蹴飛ばしました

まさか車内に?

男はあっけなく扉から落ちていきました
ところが、運悪く扉のまん前に立っていた別の女性もゾンビに押される形で一緒に落ちてしまいました

あれはゾンビだったのか?
わたしは微かな違和感を憶えました

巻き添えで落ちてしまった人には皆同情的でしたが、誰も蹴飛ばした女性を責めることはできません

彼女の顔は見えませんでしたが、本物のゾンビだったなら、きっといたたまれない気持ちだろうと想像しました

車内はすっかりパニックに陥っていました

そんな中、わたしは冷静に付き人(ボディーガード?)の男性に目配せをしました
きっと何かいい方法を思いついたに違いありません

黒いスーツを着込んだ彼はわたしにとって絶対的な人間です
必ずわたしを守ってくれます
彼が居れば大丈夫

がんばれ、わたしっ!



[夢から覚めて]
ゾンビとはいっても、特に誰かが襲われることもなく、はっきり見えたのは窓ガラスに張り付いたヤツだけで、車内にいたのが本当にゾンビだったのかは不明です
一応ホラーチックな夢なんだけど、だいたいこーゆー夢の中のわたしは恐怖心よりも何かウラがあるんじゃないかと疑ってみたり、解決方法を真剣に考えてみたり、果敢に立ち向かおうとしてみたりと(実際はチキンだけど)、至って冷静なことが多いです
今回特筆しておくべきことは、絶対的な彼がチョ~イケメンの頼れる男だったこと!
嗚呼、夢の中の自分がうらやましい。。。うひょ~ん♪

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

一覧

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

QRコード

ひとこと

PR

PR