忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

実はね・・・

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

実はね・・・

倉庫のような?工場のような?広い建物の中に迷い込んでしまったわたし
おかしいな、知っている場所のはずなのに・・・

とりあえずのこのこと見知らぬ人の後をついて行くと、非常階段の踊場のような?場所に出た

目線を横にずらすと、低い段差の先に人が一人かがんで入れるほどの四角い穴がある

穴は鉄枠で囲まれていて、ダストボックスや空気穴のようにも見える
この段差がミョーな角度だったので、まるで騙し絵のようだな~とか興味津々

穴があったら入るっきゃないでしょ~
・・・て、入ってみたら、やっぱりダストボックス?

いや、特にごみらしいものは何もないのだけど、昔社会化見学で見たゴミの焼却場のような四角い空間
そこには誰も居ない

あれれ?前に入った人たちはどこから出ていったんだろう?
見ると、胸のあたりの高さに入り口と同じくらいの大きさの四角い穴が三つ並んでいる

ここから出るのか~

でもその前には細長いビニル製の透明なカーテンがかかっている
外からは強烈な風が流れ込んでいる

きっと何かの装置を止めなければいけないんだ
風圧はかなりのもので、このままではとても外に出られそうにない

それでも一番左の穴は一番出易そうだったので、わたしは手を伸ばした
「助けて~。出られないよ~」

・・・というわけで、なんとか脱出したわたし(オイオイ^^;)
ビシっとスーツを着込んだ男の人たちと並んで階段を下りている
この工場?のエライ人たち?

わたしは何事もなかったように談笑しながら歩いている
すると深キョンが別の職員たちにサンドウィッチを配っているのが見えた
「へぇ~、深キョンが作ってくれたんだ~」
皆、喜んでいた

実はね、あれ、わたしが(作り方を)教えてあげたんだよ♪



[夢から覚めて]
変な状況には慣れっこなので、好奇心の趣くままにチョコマカと動き回るわたし・・・
実はね、深キョンの件にはもっと長いストーリがあったハズなんだけど(お姫様チックなシチュエーション)、工場?内の様子を一生懸命記憶に残そうとしている間に忘れた!

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

一覧

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

QRコード

ひとこと

PR

PR