忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

クリーチャー(パクリ?)シーズン2

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

クリーチャー(パクリ?)シーズン2

不死身のゾンビ(見た目は人間)がはびこる世界
わたしたちフツーの人間は端から捕まって食べられてしまう

夕暮れ時、わたしは姉と合流し我が家へ向かった
病院に勤めている母が心配だった

外は危険だ
奴らがどこから狙っているかわからない
わたしは玄関を入るなり鍵をかけ
その足で裏口を確認しに走った

奴らに入り込まれたら大変
とにかく戸締りがカンジンだ!

すると、わたしの心配をよそに、母が至ってのほほんとした顔で帰ってきた

ん、もうっ!
わたしはまた玄関の施錠を確認しに行く

案の定、鍵は掛かっていなかった
わたしはちゃんとかけたのに~

鍵をかけようと手を伸ばしたそのとき
すっとドアが開き始めた

慌ててドアノブに手をかけると、扉の隙間からヤツの顔がっ!!!

マズイ!

わたしは力いっぱいドアノブを引っ張った
ヤツも外から引っ張り、扉を開けようとする

扉の隙間に、ヤツの顔が見え隠れする

腕に自信があるわけではないけれど、わたしと姉と母の命がかかっている
負けてはいられない

隙間の幅は微妙に広まったり狭まったりしているものの、
幸いヤツが入り込めるほど開け放たれることはなかった

攻防は続く

力は拮抗している
わたしは渾身の力を込めて扉を引き戻しきった
と同時に鍵をかけた

ひとまず難は回避した
でも、ヤツはまだガタガタとノブを回している
この先、どんな手を使ってこの家に入り込んでくるかわからない

ここには女しかいない
到底太刀打ちできないだろう
いや、たとえ男でも・・・

なんといってもヤツは不死身のゾンビなのだから

うーむ・・・
困ったわたしは警察に電話してみた

ダメでもともと

だってさ、こーゆー映画で警察が役に立ったタメシはないじゃない
大抵簡単に殺されちゃうじゃない

こんなときはやっぱりマッチョなヒーローよね・・・



[夢から覚めて]
深層心理もアリだけど、映画の影響丸受けよね~
最後の気持ちがなんともアタシらしいっちゃ、アタシらしい・・・
本当はもっといろいろあったみたいだけど(忘れた!)、とにかく久しぶりに必死でハラハラしました!
ちなみに母が病院に勤めたことはありません

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR