忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

行かなくちゃ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

行かなくちゃ

道幅の広い国道を挟んで小学校の向かいに小さな積み木の家がある
切り口はザラザラとしていて塗料も塗られていないので、積み木というより、単なる木片?
だけど一応、長方形の上に三角形がちょこんと乗っかっている

その場所は近くて遠い・・・
まっすぐの一本道なのに、国道には横断する場所がないからだ

そんな風景を頭に描きながら
なぜか自転車で走り出した

何者かに追いかけられているのか、何者かを追いかけているのか
とにかく急いでいた

すると
「ぼくも行くよ!」
と、渋谷くん(仮名)
小柄で色白で眼鏡をかけた同級生だ
わたしはこのアタリの道を知っている
だからどこをどう走ればいいのかちゃんと考えている
それなのに渋谷くんは「こっちこっち」と途中で曲がるよう声をかけてきた

「え、でもそっちは・・・」
工事中のはずだ
まだ道路はできていない

案の定、行く先は大きな金属製のカーテンで遮られていた
それでも二人は突き進む

わたしたちはカーテンの隙間を通り抜け、道なき道を行く
すると「こっちこっち」と、またしても声がする

山を削りかけた地面に大きな鉄の板が橋のようにかけてある
その橋の向こう側から、ここを渡れと言っている

わたしは声の主を見た
あ、元巨人軍の宮本だ!
テレビで見たとおりニコニコしている
すっごい笑顔(^^)

渋谷くんはいっきに渡りきった
わたしも続いた
鉄の板は撓んで走りにくかった
ほんのちょっとだけ「危ないかな~」とは思ったけれど
立ち止まる気も、引き返す気もなかった

とにかく行かなきゃ
あの積み木の家に!



[夢から覚めて]
あの学校の前の通りはよく夢に出てくるんだけど、そんなに深い思い入れがあるのかな(他人事?)
渋谷くん(仮名)は実在の同級生とはいっても小学校一年生の頃で、あれから何十年も会っていないし、夢で見るまで名前すら思い出さなかったし、たぶん今会ってもお互い気づかないだろうな・・・くらいな人なのでビックリ!
たぶんこの夢のキーワードは「積み木の家」だと思う(意味わかんないけど意味深!?)
そして、宮本さんには癒されました
あの笑顔を見たら「なにもかも大丈夫!」って思えちゃいました♪

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

一覧

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR