忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

畑の真ん中で寝てみる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

畑の真ん中で寝てみる

時折通る国道沿いには大きなパチンコ屋がある。
国道沿いといっても、一度左折しないと入れない、
つまり道路に横を向いて立てられている。

店の前には広い駐車場がある。
わたしの記憶にはないが、昔はこの場所も畑と農道だったらしい。
今では細い脇道も全て舗装されているのだが、その舗装道の合間にはまだところどころ畑が残っていて、この駐車場のすぐ脇にも茶色い畑が細長く広がっていた。
この辺りの土地はおそらく同じ地主のものだと思われる。

わたしは子供の頃、この道を使ってソロバン塾に通っていた。
当時は自分の家がもっと遠くの、もっと住宅や店の少ない場所にあったので、ここが駅前の次に賑わっている「街」だと思っていた。

その後、話題を集めるような大型ショッピングセンターができることもなく、それどころか昔からあった商店街はどんどん店をたたんでいき、人通りもまばらで活気なく年々寂れていくように思えた。

大人になってからは、駅からも離れた場所であるこの道を通ることはほとんどなかった。
それでも気が向くと、覚悟の上で遠回りしては、昔を懐かしんでみたりすることがたまにあった。

このパチンコ屋も、もう古くなった。客は入っているのだろうか・・・。
そう、わたしはもう随分長くこの街に住んでいる。

なーーーーーーーーーーーーーんて、ノスタルジックな雰囲気を背景に、
わたしは駐車場の脇にある畑にずんずん入り込んでいく。
どうやら今は何も植えられていないようだ。

畑にはこんもりとした畝が列を成している。その土の上に緑はない。
もしかしたら、種くらいは蒔かれているのかも知れないが。

よし、この辺がいいだろう。わたしは畑の真ん中あたりに決めた。
見渡すと、細い歩道を挟んで一軒の美容院が目に入った。
都会のそれとは明らかに異なるその佇まいは、
「美容院」というより「パーマ屋」?

目を凝らすと、銀色のアルミで縁取りされた、
これまた古めかしいガラスの扉には手書きの張り紙が見えた。

「ここ以外に店はやりません」

本当の意味はわからなかった。
だけど、店主の心意気のようなものを感じた。
時代の流れに立ち向かう昔気質の店主。
ちょっと切なくなった。


さて、寝~ようっ♪

わたしは気を取り直し、畝と畝の谷間にゴロンと横になった。
なんて気持ちがいいんだろう。ふっかふかだ♪
畑の土は思ったより柔らかく暖かい。
こりゃ、へたな布団で眠るより寝心地がいいぞ!

そして、幸せな気分で眠りについた。

ふと気づくと朝だった。
そのとき、ここには他の人も寝ていたことに気づいた。
別の畝の間から男の人が起き上がり、
体をはたたきながら、そそくさと立ち去って行った。

そうか、もう8時半か。多くの人たちは、活動を開始する時間だ。
出勤する人たちもここを通るだろう。
いつまでもここに居るわけにはいかない。
だって、この畑にも作業をしにくる人がいるだろうから。

そういえば、農家の人って何時から仕事するのかな。
9時からだったらいいのに・・・。
きっと、もっと早いよな・・・。

あまりに居心地がよかったので、ここを離れるのは忍びなかった。
5分でも10分でも長く場所で、
この柔らかくて暖かい土のベッドの上でゴロゴロしていたかった。

そのとき、パラパラと雨が降り出した。
さっきの男の人が慌ててパチンコ屋の屋根の下へ走って行った。

あ、本が濡れちゃう!

わたしは紙袋にいっぱいの古い文庫本を持っていた。
わたしは本を大切にする人間なのだ。
このままではいけない。

そうだ、国道沿いのバス停に行こう。
あそこなら屋根はあるし、ベンチもある。
わたしはベンチに置かれた紙袋を思い描いていた。



[夢から覚めて]
なんかスゴイわ~。ごちゃごちゃ!
まず、あのパチンコ屋は実在。今は潰れて違う店になっているみたいだけど。
ノスタルジーな風景(思い出?)もほぼ本物。ソロバン習ってたし。パーマ屋さんは知らないけど。あ、バス停もないな。
本はー、そう、最近ダンボール箱に2杯、ブックオフに持って行きました!
でも、畑で寝たことはありません(^^;)。だけど、あの畑はホント気持ちよかった~。

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR