忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

欲するモノ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

欲するモノ

あ、わたしココ知ってるよ。
白くて四角い平屋の建物だよね。
そうそう、店先には駐車場があるんだよね。

隣にも白い建物があるんだけど、そっちは灯りが点いていないから何屋さんなのかはわからない。
そうそう、建物と建物の隙間からチラリと見えるのだけど、裏手は原っぱなんだよね。

残業でさ、夜遅くに自分の駅に着いてさ、グッタリしょんぼり帰ろうとしたときに、コンビニの明かりが灯っていると無性にホッとするでしょ。このお店もそんな感じなんだよね。
広い割にお客は少ないんだけどさ。

そんなわけでここは本屋さん。
当たり前だが、雑誌やら単行本やらが整然と並べられている。
本棚はどれも背が低いので、広い店内を遠くの方まで見渡すことができる。
相変わらず客はまばらだ。

ふと窓を見る。外は夜だ。
暗闇の中にボンヤリとこの店の明かりが浮かび上がって、きっと誰かをホッとさせているのだろう。
わたしは外から見た店の様子を思い浮かべて思った。

そう、この灯りについつい吸い寄せられちゃうんだよね。
今日だって、別に何か目的があって立ち寄ったわけじゃない。
わたしはブラブラと店内を見て回った。

壁に大きな模造紙がたくさん張り出されている。
なにやらのランキングやリクエストの一覧らしい。
たくさんの本のタイトルや作家名が手書きの文字で書かれている。

わたしが気になっていた漫画がところどころに見えた。
中でもわたしの目を引いたのが「小椋冬美」の文字。
なんて懐かしい!

だいぶ昔の漫画家さんだけど、ストーリも画も大好きで、今でもこの人の本だけはとってある。まだ描いているのかな。新刊とか出てるのかな。
ほんと、懐かしい・・・。



[夢から覚めて]
わたしの知っている「ココ」とは、実在の場所ではなく、何度か夢に見て知っている場所。たぶん、その時々でお店は違うのだけど(以前は確かレンタルビデオ店だった)。
いやでもマジ、この人の本はいいよ。後半は特に。大人の絵本みたいだよ。少女マンガだけどね。(⇒小椋冬美作品
てかわたし、精神的に何かを求めているみたいだ(^^;)

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

一覧

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

QRコード

ひとこと

PR

PR