忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

屋根裏のぬこ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

屋根裏のぬこ

どうも近頃屋根裏からパタパタと音がするので、ネズミでもいるのかと思っていた。
何気なく天井を見上げると、小さな隙間が空いている。
見間違いかと思って、二度見する。

隙間はさっきより大きくなっていて、人間の頭が入るくらいの正方形になっていた。
そこから屋根裏の様子が見える。
中にはなにやら荷物がびっしりと置かれていた。

もっとホコリやらくもの巣やらで汚いのかと思っていたが、意外にも綺麗で明るかった。
へ~、ウチの屋根裏ってこんな風になっていたんだぁ。
関心しながら覗いていると、中から猫が飛び降りてきた。

あ、やっぱり生き物が居た!
茶トラの子猫と薄茶色の成猫だった。
子猫はとっても大きな瞳をウルウルさせている。
めっちゃ可愛い♪

成猫は近所でよく見かける野良のボスだ。
目つき、顔つきがすこぶる悪い。
が、今日は珍しくいつもより可愛く見える。

なんといってもいつもと違うのはツヤツヤで柔らかそうな毛並み(いつもは寝起きのわたしみたいにボサボサ)。
これ絶対に撫でたら気持ちいいよ!

床に下りた二匹の猫は、逃げるように置いてあったストーブの上を跳び越した。
あ、危ない!
子猫は軽々飛び越したが、成猫はお腹の辺りがストーブの天板に掠った。

ストーブには火が点いているので、かなり暑くなっているはず。
今の熱かったよね、火傷したんじゃない?
わたしは心配になった。

ウチの屋根裏に住み着いたことなんか100万歩譲って許そう。
それより今は、火傷の薬・・・。なんてウチにはないな。
どうしよ。

そうだ、火傷には何かの油を塗るといいって「おばあちゃんの知恵袋」的なハナシを聞いたことがある。あれなんだったっけな。何の油だったけっなー。
頭の中は猫の火傷でいっぱいになった。

成猫は、わたしの方へ腹を見せ、四足おっぴろげ~な状態で、どっかり座りこん最で毛づくろいをしている。そして言った。
「ま、たいしたことはないんだけどさ、このあたりとこのあたりが軽く、ね」

見ると、ところどころに小さな丸いハゲがあった。
きっと、毛が燃えちゃったんだね。火傷しちゃったんだね。
わたしはなんとかしてあげようと、必死にあの油を思い出そうとしている。

ボスには大きな古傷があった。



[夢から覚めて]
屋根裏で音がしたのはホント。近所にこの猫に似た野良がいるのもホント。
ここ最近、ネットやリアルで猫を見ることが多かったのも事実。そして季節は着実にストーブが必要な冬へ近づいている。
ちなみに、猫が喋るなんて夢の中では当然の事実♪
更にちなむと(いや関係ないげど)、この絵本⇒「100万回生きたねこ (佐野洋子)」は、わたしの宝物のヒトツ。

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

一覧

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR