忍者ブログ

夢ブロ

見た夢を元にしたナニカ。不意に停滞。しれっと再開。

スーパーオニゴッコ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スーパーオニゴッコ

スーパーで閉店までにオニに見つからずに何か(何かって何だよ!?)をするゲーム。
わたしは慎重に辺りを見渡してからエスカレーターを駆け下りた。

これを降りたらすぐ右側に出入り口がある。
いったん外に出たら「タイム」となり、オニに捕まることはない。
そう、「タカオニ(オニごっこの一種)」で言うところの「高い所に乗っかっている」状態だ。


ただ、「タイム」の状態もオニに目を付けられてしまっては長く続けることができない。
オニが目標を定めた相手に対してカウントを取り始めたら、カウント内にフィールド内へ戻らなければいけないルールがあるからだ。

当然、オニは戻ってくるのを待ち受けている。
たとえ足が速くても正面切っての生還は至難の業だ。
入り口を変えたり、フェイントをかけたりしたとしても、まず難しいだろう。

その場合、仲間がわざと飛び出して来てオニの気を引く、いわゆる「オトリ作戦」が辛うじて有効なのだが、残念なことに今現在ここにはそういった連携プレイをしてもらえる仲間は見当たらない。

こうなったらイチかバチかだ。
うまいこと外に出られたら一息つける。
その場にオニがいなければ、しばらく休憩もできるだろう。
ようは、オニに見付らなければいいのだ。

わたしは意を決してエスカレーターの最後の段を飛び降り、その勢いで自動ドアをくぐった。
やったね、成功だ!

・・・と思ったのもつかの間。

ガラガラと自動ドアの上から金属製の格子状シャッターが下りてくる音か聞こえてきた。

しまった、閉店時間か!!!

わたしは休む間も無く飛び出して来た勢いのまま、すぐさま鋭角なユーターンを決めた。

このゲームのルールは「閉店までに」なのだ。
閉店までなら何度でも出入り、つまりタイムを取ることが許されている。
但し、閉店の時点で店内に残っていない者は「失格」とみなされる。

シャッターはゆっくり下りてくる。なんとか滑り込めないかと、わたしは今でになく「全力に近い本気」を出してみた。
が、遭えなくガシャンと音を立ててシャッターは地面に到着した。

夢から覚めて
閉店ガラガラガラ~。悔しいです!(どちらも芸人さんのネタ)
ねね、タカオニとかイロオニとか、わたしの地元限定かな?なんかさ、子供のころ、いろんなオニゴッコがあったんだなー(懐)。
ちなみにこのスーパー、雰囲気的に昔実在してたお店に酷似。

拍手

レコメンド




スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

RSS


最新コメント

[09/08 torako-chan]
[08/21 崖っぷちおやじ]
[01/24 カノッチ]
[11/22 カノッチ]
[10/08 かえで]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QRコード

ひとこと

PR

PR